個人輸入代行で医薬品を買う

個人輸入代行で医薬品を買う

個人輸入代行で医薬品を買うこともできますが、その際にはいくつか注意も必要です。

日本の厚生労働省が認めたものしか国内に流通しないようにするために、
医薬品や医薬部外品、医療機器を営業のために輸入するには
薬事法の規定により、厚生労働大臣の承認・許可等が必要となっています。
個人輸入代行で医薬品を買うことができるのは、自分が使う分のみで、転売したりはできません。

また、育毛剤やダイエット系のもの、栄養ドリンクなど、
日本では医薬部外品扱いのものも、個人輸入の場合では医薬品とみなされることがありますので注意が必要です。
それから、現地では食品として扱われるサプリメントなども医薬品として扱われる場合があります。

では自分で使う分なら何でも個人輸入代行で買うことができるか、といえばそうではありません。
処方箋が必要な医薬品もたくさんあります。

「何でも自由に買うことができるわけでもないなら医薬品を海外から買う必要などないのでは?」と思われるかもしれませんが、例えば抗がん剤など、世界では一般的になっている治療薬が日本ではまだ厚生労働省の承認がおりていないから使えないけれど、医師に相談して個人輸入したら使うことができる、といったケースなどもあります。

医薬品の個人輸入についてわからないことがあれば、税関に尋ねる前に、各地の厚生局に確認してみましょう。

    人気サイトのリンク集

  • EC用アパレルなどの商品撮影に特化したスタジオ設備を持つEC FACTORYでは、画像加工からコンテンツ企画制作まですべてを請け負う会社です。商品の魅力を引き出すスタイリストやコーディネーターがサポートしてくれるので、ECサイトを構築中で販売に結びついていない業者さんにおすすめです。

Copyright(C) 個人輸入代行サービスを上手に利用しましょう All Rights Reserved.