個人輸入代行にかかる費用

個人輸入代行にかかる費用

個人輸入代行サービスを利用して個人輸入をした場合、商品代以外にどのような費用が発生するでしょうか。

個人輸入代行サービスを利用すると、商品を購入する現地の税金(消費税のようなもの)、個人輸入代行業者の手数料、国際配送料、関税といった費用が発生します。

では次に、これらの費用をできるだけ安くする方法を考えてみたいと思います。
変わらない金額というのは関税だけです。
関税は、品目や金額によって細かく規定されていますので、税関のホームページを見たり
税関に問い合わせてみるのも良いでしょう。

商品を購入する現地での税金は、国や州によって違いますので、同じ商品でも安く買える地域を選ぶと良いでしょう。

個人輸入代行業者の手数料は、商品代金の何パーセントという一定割合でかかる場合と、一律料金の場合がありますので
買いたいものに対してお得な金額かどうかチェックして業者を選ぶと良いですね。
また、海外の個人輸入代行業者を選ぶ際には、その手数料にも現地の税金がかかる場合があるので注意しましょう。

国際配送料も、配送方法や配送業者によって変わってきます。
ちなみに、重たいもの・大きいものは配送料が高くなりますし、
船便よりは航空便、航空便の中でもトレースができたり速く届くものは高くなります。

いろいろ調べて、お得な買い方をしてくださいね。                                   

    人気サイトのリンク集

  • 色石・ダイヤ買取を大阪でお探しならミネインターナショナルがおすすめです。、業暦35年の米国宝石学会認定鑑定士が高額買取をしてくれて、他店でゼロ評価を受けたメレダイヤでも値段を付けてくれるので、相続や財産分与、財産の整理、遺品の管理・売却等を考えている方は是非ご相談してみてください。

Copyright(C) 個人輸入代行サービスを上手に利用しましょう All Rights Reserved.