個人輸入代行で化粧品を買う

個人輸入代行で化粧品を買う

個人輸入代行で海外製の化粧品を買うこともできます。
ですが、化粧品の個人輸入にも注意が必要です。

日本でも流通していて買うことができる化粧品を、より安く買うために個人輸入するのであればさほど心配はありません。
日本で買うことができるということは、薬事法の規定により、厚生労働省がその成分や効果を日本の基準で安全だと確認しているものですからね。

これは言い換えると、個人輸入代行を利用して物理的に買うことができる化粧品も、
厚生労働省が許可していないものは日本の規定で安全が確認されていない可能性があるということで、
これらを買って何かトラブルが発生しても自己責任です。
また、これらの化粧品は自分が使う分しか買うことができず、国内で転売したりしてはいけません。
個人輸入した化粧品を、たとえタダでも他人に反復譲渡する場合は、薬事法に基づく許可が必要です。

「薬じゃないし、化粧品くらい大丈夫」と簡単に考えてはいけません。
化粧品の中には、人体に悪影響及ぼす可能性があると考えられる成分が入っていたり、
有効成分として過剰な成分が入っており、健康被害が発生する可能性もあります。
国内製造品でさえ、美白化粧品で肌がまだらに白くなってしまうような事故もあるわけですから、
国内基準で安全が確認されていないものを個人輸入して使う際には、更に注意しましょう。

    Copyright(C) 個人輸入代行サービスを上手に利用しましょう All Rights Reserved.